以外に知られていない作用

カウンセリング

汗のトラブルを解決できる

小顔やしわ改善効果が注目されているボトックス治療ですが、ワキガ対策にも活用できる事はあまり知られていません。そもそもワキガは汗に含まれるたんぱく質等を栄養にする菌が分解した際に発生する臭いです。この菌は常在菌と言われ、完全に除去する事が困難です。その為栄養となる汗を抑える事がワキガ対策で主流であり、様々な対策グッズが販売されています。ボトックスを腋に注入する事で汗の分泌を抑制する事ができ、煩わしい対策を行う手間も省けます。また腋汗による汗ジミの対策も行う必要もありません。この汗を抑える効果から、ワキガ対策に適している治療方法として施術されています。汗が多くなる夏前に注射する事で、その季節をワキガの心配なく過ごせます。ボトックス効果が安定するまで1か月程必要なので、5月や6月前半に治療を受けるのが適していると言われています。ボトックスの効果は半年程であり、持続させるには定期的に治療を受ける事が必要です。しかし腋汗が多くなる季節を乗り越える目的ならば1年に1回の施術で十分であり、費用も抑える事ができます。ワキガ対策に効果的だという事はあまり知られていませんが、多汗症対策で腋以外にもうなじや額に使用されています。日本ではワキガに悩む方は少ないとされていますが、問題の内容から正確な統計を出しにくく、潜在的な悩んでいる方は非常に多いと予想されています。多汗症で悩む方も同じ様に多く、これらの悩みをボトックスは解決できると期待されています。汗腺にはアポクリン腺とエクリン腺があり、エクリン腺はサラサラの汗ですがアポクリン線は粘り気があり脂質やたんぱく質を含んでいます。何故ボトックスが効果的かと言えば、汗の分泌を抑制するからです。そのメカニズムはアセチルコリンの分泌を抑制する働きにあります。エクリン腺もアポクリン腺もアセチルコリンが発汗を促しています。発汗を促すアセチルコリンがボトックスにより抑制されるので、汗の量も少なくなり多汗症やワキガを根本から予防する事ができるのです。汗を止める事は体温調節の観点から不都合があるのではと思う方も多いですが、実は腋の汗腺は全身の2%程であり健康に害を及ぼす心配はありません。アポクリン腺を取り除く手術治療もありますが、メスを使用しないで効果を得られるのがボトックス治療の最大の特徴です。ワキガ・多汗症治療でもその特徴は変わる事はありません。うまく活用する事で悩みを減らす事ができ、前向きに生活する事に繋がります。

Copyright© 2018 美容効果が注目されている治療法【気になる患部にボトックスを注入】 All Rights Reserved.